墓石はローンを賢く利用すべし!葬式費用のカードローン

墓石 ローン

墓石 ローン

最近ではお葬式を家族葬にして、墓石を豪華にするという人も増えているようです。
お墓は故人が入る第二の家のようなものです。
できれば小さいものではなく、立派なものを建ててあげたいですよね。
ですが墓石というものは中々高いもの。
今はたくさんの種類がありますので値段もピンキリですので、予算に合わせて選んでもいいですね。
予算は少ないけど、故人の為に少しでも良いものを建ててやりたいという人にはローンという手もあります。
墓石ローンは別名メモリアルローンと言われています。
このメモリアルローンを取り扱うのは銀行と石材店提携の金融機関のどちらかです
金利やメリットを考えて、どちらかに決めるといいでしょう。
このメモリアルローンは墓石だけのローンではありません。
急な出費のお金であればこういうカード会社で借りる人も多いようです。
お墓を建てるとなれば、墓石以外にもお金が必要となってくるのです。
墓石のリフォーム・墓石の補修工事・墓地の取得費などがかかってきます。
しかし大体の会社はそういったものにもローンで対応できるので、そのあたりも心配することは
ないでしょう。
念の為、契約の時にそういったことに対応しているかも確認してください。

墓石は高いものなので、無理だと思ったら墓石はローンで支払うようにしましょう。

葬儀社一括見積もり-全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積り

 

株式会社みんれびは全国の葬儀屋から葬儀費用の見積りをもらうことができます。あなたの近くの葬儀屋さんを最大5社から見積りできます。
高い葬儀費用を抑えるには同じ条件で見積りしてもらい、一番条件の良い葬議場を選びましょう。

続きを読む≫ 2014/08/06 06:30:06

霊園や墓地には、都道府県や市町村が運営する「公営墓地」、寺の境内にあり寺院が運営・管理する「寺院墓地」、民間企業や宗教法人から委託を受けて管理・運営する「民間墓地」に分けられてます。
それぞれ内容に特徴があります。

 

例えば、民間墓地の場合、墓石の購入先である石材店が指定され、自由に選べないところがほとんどと言われています。
それは墓地や霊園の開発段階から、特定の石材店が関わっているためで、寺院墓地も、石材店が決まっているところが目立ちます。

 

公営墓地は期間限定で公募され、抽選になることがほとんど。また、生前に購入できないなどの制約がある場合も多いようです。

 

墓のコンサルタントをしている方のお話だと、「区画の広さや価格が、相場と比べて適正かどうか、墓石のデザインや石材を選べるかどうかなどを、よく確認して欲しい。法要ができる付帯施設の有無なども考慮すると良いでしょう」とアドバイスしています。

続きを読む≫ 2014/05/09 06:54:09

日本のお葬式って本当にお金が掛りますよね。ここで、気になるのが一体どのくらいまで日本のお葬式は安くすることができるのかと言う事でしょう。
やはり、亡くなった人の葬式をきちんとすることは大事ですが、お金がなければどう仕様もありませんよね。
まず、一番簡略化した葬式を考えてみましょう。基本的には葬式ではお経を読んでもらう事と、火葬が最低限必要になります。
そのような、葬儀にした場合は最低でも20万円以上の費用はかかるみたいです。
神社に依頼して神式葬儀をしてもらうとなりますと、これは5万円から10万円程で済むようになっているみたいです。
しかし、これはあくまでもっとも簡略化した葬儀になります。
普通に、斎場などで親せきを招いて祭壇を作って大きな葬式をするとなった場合は、飲食代やお寺関係の費用を含めて最低でも100万円以上はかかります。
ですから、人が亡くなると一般的にはこれだけのお金が掛ってしまうのですね。
しかし、これはあくまで目安の額ですので、もっと安くしようと思えば色々な葬儀関連を削減して行けばいいので、自分の経済状況にあった葬式をしてもらえばいいと思いますが、
故人に対して失礼のない葬儀にすることもお忘れなく。
>すぐに申し込めるカードローンはこちら

続きを読む≫ 2013/11/27 10:56:27

葬式費用って本当にお金が掛りますよね。ですから、一気にお金をねん出することって難しいです。
どうすれば、葬儀費用のお金をねん出することができるのでしょうか。
今回は、葬儀費用の捻出する方法について紹介して行こうと思います。
まず、葬儀費用のお金が無い場合、国民健康保険の葬祭費で7万円ほど貰えるようになっているみたいです。
ですが、これは結構地元の市町村で金額も変わってくるみたいなので、地元の市役所などに問い合わせてみる必要があると思います。
また、別の方法では葬祭扶助と言う制度もあるみたいです。葬祭扶助は、原則として生活困窮者が葬祭を行う必要があると認められる場合にのみ金銭形式で支払われる補助金になります。
こういった制度を利用して行けば、何とか相銀費用をねん出することができるのではないでしょうか。
このように、日本の葬式は非常にお金が掛ってしまいます。手元や口座にどうしても大きな金額ない場合は、こういった制度を利用してなんとか葬儀用の費用をねん出することができるのではないでしょうか。
ただ急に必要な場合には、ネットですぐに申し込めるカードローンはおすすめです。
身内、家族、友人にお金を借りることなんてできないという方は一度利用してみるのもいいと思います。

続きを読む≫ 2013/11/11 06:42:11

その際は葬式に関する全てのことを管理する必要があるのですが、葬式というのは決して安いものではありません。
なので葬式の費用もローンで借りることができます。
葬式費用をローンで借りる利点と言えば、やはり急な出費でもすぐに対応できるという点でしょう。
たとえば故人が病気で長い間入院していた場合。
医療費は期間が長ければ長いほど、また治療の質が高くなればなるほど費用もかさんでいきます。
なので葬式の費用が出せないという場合も多くあるでしょう。
また故人の預金口座にある程度のお金が残されていても、葬式は早めに行うものなので引き落とす暇もないかもしれません。
そういった時にローンを利用すれば気にすることなく故人を送り出すことができます。
近しい人を送り出すのですから、きちんとした葬儀を行ってあげたいですね。

続きを読む≫ 2013/10/28 07:08:28

墓石費用の全国平均は183万円です。
墓の主な費用は、墓石や工事費などの「墓石費用」と、墓地の使用権を取得するための「永代使用料」です。
墓石費用は、石材の質や大きさ、デザインにより差が大きくなります。また、永代使用料も墓地の立地や広さ、運営主体などにより異なります。
目安ですが、「鎌倉新書」(東京)が、運営するサイト「いいお墓.COM」を通じ墓を建てた人に行ったアンケート(2012年12月、有効回答数515件)があります。
全国平均で墓石費用は131万2700円、永代使用料が51万7300円、計183万円となりました。
このほか、駐車場や水道設備などの管理費もかかります。
同社によると、これらは東日本で年間平均6018円、西日本で同5096円となっているようです。

続きを読む≫ 2013/09/27 11:52:27